Ɗ ƛ Ɣ Ɩ Ɗ。Ƒ Ơ Ƨ Ƭ Є Ʀ 。 Ɯ ƛ Լ Լ ƛ Ƈ Є

English PDF

" ᴳᵒᵒᵈ ᴼˡᵈ ᴺᵉᵒᶰ "

翻訳;67rn



「古 、キ 良 、キ ネ 才 ・/ 」

1____生まれてこのかた僕は詐欺師だ。誇張しているのではない。今までの行いのほとんど全ては他人に特定の印象を与えようとしてきたものだ。主に好かれるために、褒められるために。それよりはもう少し複雑なのかもしれない、もしかしたら。だが、それについて現実的によくよく考えてみれば、それは好かれるため、愛されるため。称賛されるため、承認されるため、喝采を受けるため、そんな感じだ。想像できるだろう?学校ではうまくやったが、はっきり言うと全てのことのモチベーションは学ぶことでも自分を成長させることでもなく、良い成績をとるため、スポーツチームでうまくやり良い成績をとるため。賞状をもらい、首位の成績表を他人に見せるためだった。こうした諸々を楽しんだことはほとんどない。というのも常に失敗することを恐れていたからだ。その恐怖が懸命に働く原動力であり、いつもうまく成し遂げいつも最終的には欲しかったものを手に入れてしまう理由であった。だがそれ故に、かつて最優秀の成績をとったときも、スポーツの大会で優勝した時も、アンジェラ・ミードが僕の手を彼女の胸に置かせたときも、僕はほとんど何も感じなかった。もう2度とこれーー次の機会とか、次の欲求とかーーを手に入れることはできないのではという恐怖を除いては。アンジェラ・ミードの地下室にある録音室で、ソファに腰掛け彼女が僕の手を彼女のブラウスの下に触れさせながら、そのやわらかな生態だとか彼女の胸に関する何もかもを、僕は感じてさえいなかったことを思い出す。僕のしていたことといえば「今この瞬間、僕こそがアンジェラ・ミードが彼女の2塁に進ませたい男なのだ」と考えることだけだった。後々思えばすごく悲しい気がする。これはミドル・スクールで起こったことだ。アンジェラは非常に寛大で、静かで、打ち解けがたい、思慮に富んだ少女だった。彼女は今獣医になって、自分の動物病院を持っている。そして僕は、今まで彼女のことを本当には見てさえおらず、彼女の目にどう映っているかということしか見ていなかったのだ。チアリーダーで、おそらくその年の学校中で2番目か3番目かに人気の彼女にーいや、彼女はそれ以上の少女だった。彼女は思春期男子のランキングやら人気やらといったたわごと全てを超越していた。それでも僕は、深い会話ができ、彼女の内側を本当に知り理解したがっている誰かとして非常にうまく装いはしたものの、決して彼女をそれ以上の関係に持ち込むこともそれ以上の関係として見ることもなかった。

2____(執筆ちう)