ベランダから落っこちてしまえばいいと思うたび
今は「非常の際」にカウントされるのだろうか
隣戸に誰か待っててくれるのだろうかと考えてしまう